日付(時刻)型

VBScript ではデータ型はバリアント型だけですが、実際の処理時の内部処理形式では値に応じたデータ型が適用されます。
(参考:VBScript のデータ型

ここでは内部処理形式で日付(時刻)型として扱われる値についてサンプルを以下に示します。

サンプルコード
Option Explicit

Dim vntDtm(15)
Dim i

'以下 OK とコメントに記述している値は日付(時刻)型として扱われる
vntDtm(0) = "2006/11/12"     'OK
vntDtm(1) = "2006/13/12"     'NG
vntDtm(2) = "2006-11-12"     'OK
vntDtm(3) =       39033      'NG
vntDtm(4) = CDate(39033)     'OK
vntDtm(5) = "2006年11月12日" 'OK
vntDtm(6) = "Nov-12-2006"    'OK
vntDtm(7) = "20061112"       'NG
vntDtm(8) = Date()           'OK
vntDtm(9) = Now()            'OK
vntDtm(10) = Time()          'OK

For i = 0 To UBound( vntDtm )
  If vntDtm(i) <> Empty and isDate( vntDtm(i) ) = False Then
    MsgBox "インデックス番号 " & i & " の " _
            & vntDtm(i) & " は日付に変換できません。"
  End If
Next
関連カテゴリー
データ型


スポンサード リンク

VBScript お役たち リファレンス

Copyright (C) 2007 VBScript お役たち リファレンス All Rights Reserved.