File オブジェクトを生成する

File オブジェクトを生成するには FileSystemObject の GetFile メソッドを使用します。

書式
obj1.GetFile( 文字列1 )
引数・戻り値
オブジェクト(obj1) FileSystemObject オブジェクト
CreateObject 関数で生成する
戻り値 引数1で指定したファイルの File オブジェクト
引数1(文字列1) ファイル名
相対パスまたは絶対パスで指定
サンプルコード
'変数を宣言
Dim str_path
Dim objFS
Dim objFile

Set objFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")

'"vbs.txt" というファイルの File オブジェクトを取得する
Set objFile = objFS.GetFile(".\vbs.txt")

'ファイルの種類を表示
'拡張子が ".txt" の場合 "テキスト文書" と表示される
MsgBox objFile.Type
関連カテゴリー
G / ファイルシステムオブジェクト


スポンサード リンク

VBScript お役たち リファレンス

Copyright (C) 2007 VBScript お役たち リファレンス All Rights Reserved.